投稿日:

高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。 インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に... Read More

投稿日:

歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。もしも、インプラントの周りで腫れ... Read More

投稿日:

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。骨

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。 骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。70歳を超えた高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。 ただ、年齢的には問題はなくても持病によっては受けられない場合もあります。 高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は... Read More

投稿日:

一度埋め込んだインプラントの使

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。 また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと... Read More

投稿日:

インプラントとクラウンがどう

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプ... Read More

投稿日:

重要な確認事項として、インプラント治療を始

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。 それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが... Read More

投稿日:

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。 この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。 イ... Read More

投稿日:

欠損した歯を補う手段はいろい

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありませ... Read More