投稿日:

欠損した歯を補う手段はいろい

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、当然ながらデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。