投稿日:

歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。