投稿日:

一度埋め込んだインプラントの使

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。
しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。注意してください。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。