投稿日:

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラ

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。