投稿日:

両隣の歯は残っているのでブリッジでも良かった

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。