投稿日:

他の歯科医院で断られた難症例

インプラントで頼れる歯医者さんは、他の歯科医院で断られた難症例でも安全に対応できる歯科医、と言いるかもしれません。
難症例で代表的なものに『充分な骨がない』という症状があります。
現在では骨造成という技術ができているので、骨がなければ骨を創ってそこにインプラントを埋入します。自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたくても、手術が怖くて踏み出せない、という方mお多いでしょう。
必要以上に恐怖心を持っていると手術全般にわたって過剰な反応をしてしまい、危険なシチュエーションをわざわざ自分から作り出してしまいます。
実は嬉しいことに、恐怖心を感じなくなるという素晴らしい麻酔があります。入れ歯からインプラントに替えたくて歯科医のカウンセリングを受けたものの、「インプラントにするのは難しい」と言われたらどう思いますか。
そんな時はがっかりせずにむしろ助かったと思いましょう。残念なのは、症状と自分の技量が釣り合っていないことが分からない歯医者さんです。
実はつい最近まで大学ではインプラントを教えていませんでした。勉強熱心な歯医者さんたちはトップシェアのインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、世界のインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。
今は大学でもしっかり学べるので、今後インプラントに取り組む歯科医は増えそうです。インプラントのできる歯科医院は全体のおよそ20%ほどしかありませんが、その限られた歯科医院の中から信用できる歯医者さんを自力で見つけ出すのは非常に困難かもしれません。もしあなたが本気でインプラントの名医を探したいなら、今すぐからでも情報を集めることから始めるべきです。