投稿日:

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラ

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安く... Read More

投稿日:

両隣の歯は残っているのでブリッジでも良かった

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。 保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。 手術が... Read More

投稿日:

歯がない方に行われるインプラント手術

allon-4とは、ほとんどの歯がない方に行われるインプラント手術の最新技術です。元来の方法ではインプラントと歯の割合は1:1でしたが、all-on-4では4:16となります。上顎もしくは下顎に4本のインプラントを埋入し、すべての歯を支えるという手法です。 続きを読む 歯がない方に行われるインプラント手術

投稿日:

インプラントを希望するのは高齢の方が圧倒的に多く

インプラントは1本から手術できますが、実際は数本の手術となるケースがほとんどです。インプラントを希望するのは高齢の方が圧倒的に多く、なくなった歯が1本ではない場合が圧倒的に多数だからです。また、ほとんどの歯がなくなっている状態のことを多数歯欠損と言い、このようなケースではall-on-4といった特別... Read More

投稿日:

他の歯科医院で断られた難症例

インプラントで頼れる歯医者さんは、他の歯科医院で断られた難症例でも安全に対応できる歯科医、と言いるかもしれません。 難症例で代表的なものに『充分な骨がない』という症状があります。 現在では骨造成という技術ができているので、骨がなければ骨を創ってそこにインプラントを埋入します。自分の歯と同じように噛め... Read More

投稿日:

インプラント治療はまだ始まって間がない

インプラントは死ぬまでもつのかが気になりますが、包み隠さずに言えば知っている人はどこにもいません。 インプラント治療はまだ始まって間がないので、裏付けとなるデータが得られていないのです。 一番必要としているのが高齢者ということもありますが、インプラントは死ぬまで問題なく機能しているようです。研究者に... Read More

投稿日:

インプラント手術の失敗はほぼなくなりました

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。 義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています... Read More

投稿日:

部品の接続構造により何通りかに分かれています

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。 他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。この2ピースタイプはさらに、そのコ... Read More

投稿日:

高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。 インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に... Read More

投稿日:

歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。もしも、インプラントの周りで腫れ... Read More